重い障がいをもちながら毎日頑張る息子と日々奮闘してる母が生活をつづっています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日知り合いの方のお嫁さんが妊娠中毒症で緊急入院されたと聞いて母と私が緊急入院した頃の話になった。毎日状態が良くならずで段々私も精神的にしんどくなってきたのをずっと見てたのでお腹の子供より私の体の事の方を心配してたらしい。早く子供を出して楽にさせてやりたいって思ってたようで。私は私で元気なうちに出してやりたいって子供の事を思っていた。
 今もそうたを私が一生懸命に育ててるのを見てるから私のために手伝ってくれてるらしい。もちろん孫だから可愛いとは思ってるが、子供が頑張ってるから手伝ってやろうって感じ。「親」とはこういうもんなんでしょうね。有難いです。私もそうたの為なら色んな事できると思う。移植とかでなんとか出来るものならするんですが。
 でもいつまでも親がついてるわけではないので私達親子も自立しなければ。
スポンサーサイト
<< いつかやりたい事 // HOME // 悩みはそれぞれ >>
本当の親はありがたいですよね。親にとって私達は
いつまでも子供なんでしょうね。私の母も、あもうの病気が分かった頃の話をすると涙をながしています。これからあもうを介護しながらの生活でやっぱり私の体が心配だと言います・・・・
この病気は手術して直るような病気じゃあないですからね・・・・・
いつまでも親に心配かけっぱなしですよ~
【2006/03/11 Sat】 URL // あもうママ #- [ 編集 ]
あもうママへ

 そうですよねー、子供の体を一番心配してくれるんですよね。私も心配を掛けっぱなしで。「自分が死ぬまで心配するわ~」って言うてますが。そんなもんなんでしょうね。
 私が健康でいなければ!
【2006/03/12 Sun】 URL // そうた母 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sotapon.blog43.fc2.com/tb.php/12-d3e588c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。